皆さん、こんにちは。
行政書士事務所ビザドエイティの侯(コウ ヨウ)です。
私の最後のビザマガです!
今回は皆さんと、外国人として日本に不満なところを
シェアしたいと思います。
私は、前にも書きましたが、日本に来たばかりの時に、
日本語学校に1年間通って、日本語を勉強していました。
日本に来た外国人は、最初ほとんど日本語学校に通うことになります。
だから、私の日本の最初イメージは日本語学校で与えられました。
私は、日本語学校で日本語の勉強だけではなく、
もちろん日本の文化、習慣なども教えてくれるはずと思いました。
でも、私が通った日本語学校は
毎日ほとんど教科書の通りに文章を読んだり、
単語を書いたりしました。
それは日本語の勉強に役に立つと思いますが、
日本の社会に早く慣れるようなことはほぼありません。
教師もアルバイトしかいないで、
留学生の学業や生活を指導する人もいないです。
別の日本語学校に通った友達から話を聞きました。
彼の日本語学校は毎月皆一緒に外で遊んだり、
日本人と喋ったり、
日本の食べ物を味わったりしていました。
羨ましかったです。
やはり日本語学校は良いところも悪いところもあり、
探すときは気を付けなければいけないです。
私の友だちは、去年の3月に日本の大学院を卒業して、
4月から日本の会社で働き始めました。
彼の会社は毎日残業しなければなりません。
でも、残業代は支払ってもらえなかったです。
入社したばかりの時、上司から何も教えてもらえなかったのに、
難しい新たな案件など彼に任せました。
そして、早く完成しなければ、すぐ上司に叱られました。
突然、9ヵ月後、解雇の話が出てしまって、
解雇されたくないなら、
自己都合による退職してくださいって言われました。
ブラック企業で間違いないと思います。
でも、自分は外国人だし、日本の法律もよくわからないし、
もし企業と闘ったら、自分も傷つくかもしれません。
そう考えると、自分でこの仕事を辞めて、
新しい仕事を探そうと思いました。
前向きに考えるしかないです。

これは確かに日本に対して不満を抱いているところです。
でもよく考えると、こういう現象は日本だけではないです。
自分が学校と職業を選ぶ時、慎重にしたほうが良いと思います。
私がもう一つ今まで慣れていないことはゴミの出し方です。
日本では、毎週いつどんなゴミが出せるのが厳しく決まっています。
私が住んでいるところは、毎週二回だけ燃えるゴミが出せます。
でも、魚の骨、果物の皮などすぐ外に出さないと、
部屋が臭くになるでしょう。
それは市民に対して不便だと思っていますが、
ゴミを回収機関に出すことでゴミを回収しやすいし、
リサイクルもできるし、環境に対してとても優しいです。
そう考えると、日本への不満にはできないですね。
どこに住んでも慣れないことや好きじゃないことがあり、
一番いい方法は率直に受け入れて、
自分がいる環境に合わせて生活します。
でも、言うのは簡単ですが、やるのは難しいとわかってます。
外国人の皆様、日本に明るい未来を創るため、一緒に頑張りましょう。
コウ ヨウのビザマガはここまでです。